惑星探偵団は宇宙の不思議を追及します。

惑星探偵団 宇宙の不思議を探索

メニュー
惑星探偵団が宇宙の不思議を調査する

宇宙や惑星について学問としてはかなり昔から有るものですが、わかっていることはそこまで多くはありません。
むしろ研究が進むにつれて新しい謎が出てくるなど、不思議なことがまだまだ沢山ある学問です。
惑星についてみなんさはどんなことを知っているでしょうか。
まず惑星で一番に思い浮かぶのは、私たちが暮らすこの地球です。惑星とは恒星を支点にその周囲を一定周期で動く星のことで、地球は太陽系の惑星ということになります。
太陽系惑星は地球のほかにもいくつかありますが、太陽系外で惑星の確認は長い間されてきませんでした。しかし、ここ20年ぐらいから太陽系以外の惑星が発見されてきています。
その発見された惑星のなかには、太陽と地球と似た条件の惑星がいくつか発見されていて、その惑星には地球と同じく何らかの生命が存在する可能性も出てきています。

太陽系の惑星の特徴

太陽系の惑星は、太陽を中心に回っており、地球も太陽系の惑星の一つです。そんな私達の住む地球の他の太陽系の特徴についてご紹介します。
太陽系の惑星は、太陽から近い順に水星・金星・地球・火星・木星・土星・天王星・海王星の8つからなります。
すいきんちかもくどてんかい。
太陽系の並び順は中学校の理科の授業で覚えた方も多いのではないでしょうか。
2016年に太陽系に第9の惑星が存在するのではないかというニュースが世界中で注目されたのも記憶に新しいです。
太陽から一番近い場所を回っている「水星」。
水星は、地球の約38%の大きさしかなく、太陽系の惑星の中で一番小さな惑星です。
太陽から距離が近いため、観測するのが難しい惑星です。
そして太陽から2番目の距離を回っている「金星」。
金星は、地球になれなかった星と呼ばれているのは有名です。
そう呼ばれる理由は、地球と大きさ、太陽からの距離がほぼ同じだからです。
地球は飛ばして、4番目の惑星が「火星」。
火星も金星同様、地球と似た惑星です。
最近の研究では、生命がいる可能性があるととても注目されています。
四季もあるため、いつか移住できるのではないかと研究が続けられています。
5番目の惑星が「木星」です。
木星は、太陽系で一番大きな惑星です。
木星がとても大きい理由は、木星を構成しているのが水素やヘリウムでできているからです。
太陽と似ていますね。
ガスでできているのでとても軽い惑星でもあります。
6番目は「土星」です。
土星は、形がとても特徴的ですよね。
土星の周りにある環は小さな氷のような物質でできています。
実はよく観察してみると8つの環に別れているんです。
そして7番目、「天王星」。
天王星は、太陽系の惑星の中で3番目に大きい惑星です。
主に水素で構成される惑星で残りは、メタン、ヘリウムでできています。
太陽系の惑星で一番遠くを回っているが「海王星」です。
海王星は、比較的近年発見された惑星です。
なぜずっと発見されなかったかといえば、地球からの距離が遠かったためです。
技術の進化でやっと発見されたんですね。
太陽系の惑星に関するニュースはたまに目・耳にします。
以前は冥王星も太陽系の惑星だったのですが、格下げになり今では太陽系の惑星ではありません。
先程も少し触れましたが、新しい惑星が発見されたのでは?というニュースがあったりと、今後も太陽系に関するニュースを耳にすることは多そうですね。

地球型惑星と木星型惑星の特徴について

太陽系の惑星には地球型惑星と木星型惑星の2つに分けられています。水星、金星、地球、火星が地球型惑星に属していて木星、土星、天王星、海王星が木星型惑星に属しています。それぞれ特徴がありますが、あまりよく分からない人も少なくないでしょう。そこで地球型惑星と木星型惑星の特徴について見ていく事にしましょう。
・地球型惑星は岩石や金属で出来ている
地球型惑星は岩石や金属で構成されていて密度が大きくて質量小さいのが特徴です。全体的に小さい惑星が揃っている印象です。また太陽に近い惑星でもあり熱に耐えられるのも大きな特徴です。
・木星型惑星はガスで出来ている
木星型惑星は主成分はガスで出来ていて固い地表がないのが特徴です。地球型惑星は密度が大きくて質量小さいのが特徴ですが、木星型惑星は密度が小さくて質量が大きいのが特徴になります。また木星型惑星に属している惑星は多くの衛星を持つのも特徴で特に木星が衛星が50個以上あります。
地球型惑星と木星型惑星の特徴はこのようにありますが、なぜ2つに分けられているのか分からない人も多いでしょう。実際になぜ2つに分けられているのかは解明されていないので分からないのは当然です。しかし特徴は大きく異なるのでしっかり覚えておくといいでしょう。

太陽系の惑星にはどんな惑星があるのか?

広い宇宙にはたくさんの星が存在しています。
そんななかで、わたしたちが住んでいる地球は太陽系の惑星のなかに位置づけられています。
太陽系の惑星にはどんな種類のものがあるのか調べてみました。
まず、そもそも惑星とはなんなのかを説明しようと思います。
惑星の定義は、ひとつめに、
太陽の周りを回っていること。
ふたつめに、
自分の重力が固体としての力よりも強いという結果から、重力平衡形状のほぼ球状であること
みっつめに、
他の天体が、軌道の近くにない天体であること
このみっつがあげられます。
太陽系の惑星の種類は、水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星の8個になります。
これらの惑星は主に岩石で成形されている地球型惑星と、主にガスで成形されている木星型惑星のふたつに分類されます。
地球型惑星は水星、金星、地球、火星がふくまれ、木星型惑星は木星、土星、天王星、海王星がふくまれます。
地球は太陽から3番目の惑星となっています。
液体の河川、湖そしてとても大きなな海洋が存在する太陽系のなかで唯一の「水の惑星」です。また、光合成により多くの生命体が存在している、太陽の恩恵をたくさん受けている奇跡の惑星だといえるでしょう。